2019川越地区会「7月例会」活動報告

2019川越地区会「7月例会」活動報告

2019年7月16日に組織委員会主催の川越地区例会が、ウェスタ川越にて開催されました。

加藤康弘さんの司会でオープニング、その中でバッジ贈呈2名あり、また参加者も地区会員40名、ゲスト・オブザーバー17名の合計57名と、川越地区会の復活の兆しを感じるものでした。

次に、土橋組織委員会委員長より報告者の岡部千里氏のご紹介があり、早速ご報告頂きました。

キュートな女性のパワフルトークが光りました。

大量に流れる情報の中から、今必要な最適解を得るために取捨選択をして、常に最高のパフォーマンスを発揮し続けてきた岡部さんの生きざまが、まさに迫力のトークとなって私たちに響きました。

挑戦の連続だったと思いますが、暗いところが微塵もなく、楽しく生き生きと難関を突破していく姿が聞く人々を引き込んでいきました。

一貫してその時その時を思いっきり楽しんできたからこその今であり、県や全国で同友会の学びを深め生かして、ライフワークにもなり得る古民家をテーマにしたこれからを生き方に到達されました。

参加の57名がこのトークに酔いしれて、最後は絶賛の拍手を送り、懇親会に至っては終電に間に合わなくなる人が出るほど興奮と高まりで、会話の花が咲きました。

(川越地区会 内田茂 記)

7月例会 gallery